iPad Air3おすすめの保護フィルム【Nimasoレビュー!】

パッケージの画像 Device

こんにちは、田舎者です。

2019年11月にiPad Air3を購入しました!
スマホやタブレットを購入したら最初に保護フィルムを購入される方が多いかと思います。

今回は、iPadの保護フィルムでよく迷われる3種類のフィルムのメリット・デメリットと私がおすすめする保護フィルムを紹介します。

iPadに保護フィルムは必要なのか?

「スマホには保護フィルムしてるけど、そもそもiPadにも保護フィルムした方がいいの?」
と言う方もいるかと思います
結論から言うとiPadにも保護フィルムは貼るべきです。

iPad Air3のAppleCare+に入っていない場合の修理費は44,880円(税別)です。
また、AppleCare+に入っていたとしても、4,400円(税込)ですし、そもそもAppleCare+の保証期間は2年間です。

スマホと違い、iPadを2年間で買い換える人は少ないと思いますので、2年経過後も使い続ける事を考えると画面の保護はしておくべきだと思います。

また、最新のiPadではApple Pencilを使う事が出来ます。
Apple Pencilを使う場合は、画面に直接ペンの先端をつけて動かす訳ですから保護フィルムをしていた方が傷への心配がありません。

以上の事からiPadには保護フィルムを貼る事をおすすめします。

iPadの保護フィルムを選ぶ際に悩む3種類

iPadの保護フィルムを選ぶ際特に迷われるのが以下の3種類からどのタイプのフィルムを選ぶかだと思います。

  • グレアガラスフィルム(光沢タイプ)
  • アンチグレアガラスフィルム(反射防止タイプ)
  • ペーパーライクフィルム

以下でそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

グレアガラスフィルム

メリット
  • iPad画面本来の美しさを損なわない透明さ
デメリット
  • 画面への映り込みが激しい
  • 目が疲れやすい
  • 指の滑りが悪い

グレアガラスフィルムの良さはなんと言っても「これ、保護フィルム貼ってるの?」と思うほど画面を綺麗に映し出せます。

ただし、その反面、画面への光の映り込みが激しく、晴れの日の屋外や屋内でも証明の真下など光源が画面に映り込むような場所では見づらく感じるかと思います。
また、映り込みが激しいので目が疲れやすいです。

また、指でのフリップ動作などは少し引っかかるような感じがしますので、指を高速で動かさないといけないようなゲームには向いていないと思います。
Apple Pencilでは引っかかりは感じません。

こんな人におすすめ!

Retinaディスプレイでの映像や動画鑑賞を楽しみたい方

アンチグレアガラスフィルム

ラスタバナナ iPad Air3/iPad Pro 10.5インチ 平面保護 指紋 反射防止 アンチグレア アイパッド 液晶保護フィルム T1816IPA3
created by Rinker

メリット
  • 光を反射しにくいので、画面を見やすい
  • 目が疲れにくい
  • 指の滑りが良い
デメリット
  • iPad画面本来の美しさが損なわれる

アンチグレアガラスフィルムのメリット・デメリットはグレアガラスフィルムの真逆になります。

反射防止で画面への映り込みを抑えるので、屋外や照明などの真下でも映り込みが気にならず閲覧する事ができます。
また、映り込みが無いので目が疲れにくいです。

フィルムがマットな手触りなので、指での操作が重要となるゲームでもストレスなくプレイできます。

デメリットは、画面の色味が違うように見える、ぼやけて見える、画質が悪いように感じるなどがあります。

こんな人におすすめ!

画面への映り込みが気になったり、長時間の作業や閲覧で目が疲れやすい人

ペーパーライクフィルム

ラスタバナナ フィルム iPad Air3 第3世代 iPad Pro 10.5インチ 平面保護 ペーパーライク アイパッド 液晶保護 PL1820IPA3
created by Rinker

メリット
  • まるで紙に書いているかのような書き心地
  • 光の反射を抑えられる
デメリット
  • Apple Pencilの芯の消耗が激しい
  • iPad画面本来の美しさが損なわれる

ペーパーライクフィルムは、その名のとおりApple Pencilでの書き心地がまるで本物の紙に書いているような書き心地のフィルムです。
iPadで絵を描くなどイラスト制作が主な使用用途の方は、このタイプのフィルムを選んだ方がいいかと思います。

ただし、デメリットとしてApple Pencilの芯の消耗が激しい事、アンチグレアガラスフィルムのように画面の色味が違うように見える、ぼやけて見える、画質が悪いと感じる事があります。

こんな人におすすめ!

Apple Pencilを使ってのイラスト制作がiPadの使用目的の人

Nimasoのグレアガラスフィルム紹介

3つのフィルムの特徴を紹介しましたが、私が選んだフィルムは【グレアガラスフィルム】です。
メリット・デメリットの数だけ見るとアンチグレアガラスフィルムの方が良さそうなのですが、iPadの主な使い道は、やはり映画やYoutube等の鑑賞を楽しみたいので、iPadの画面本来の美しさを損なわないグレアガラスフィルムを選択しました。

グレアガラスフィルムの中でもAmazonで人気、高評価のNimasoのグレアガラスフィルムを購入したので紹介します。

パッケージの画像

届いた際のパッケージの写真です。

左のQRコードを読むとYoutubeでこのフィルムの貼り方の動画を見る事ができます。
右側の封筒には、画面を拭き取るティッシュなどが入っています。

ガラスフィルムで、気泡が一切入らず綺麗に貼る事ができます。

部屋のシーリングライトの下で撮影した写真です。
映り込みが分かるかと思います。
なお、画面を消すと鏡の変わりになるくらい綺麗に映り込みします。

評価

iPad Air3のグレアタイプ保護フィルム【Nimaso】のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット
  • 貼り付けの際一切気泡が入らない。
  • iPad Air3のRetinaディスプレイの美しさを全く損なわない。
デメリット
  • 画面への映り込みが激しく、目が疲れやすい。
  • 指でのフリック操作などは、アンチグレアタイプのものに劣る。

上記のようなデメリットがあるので、iPadを屋外で使う事が多い人や屋内照明の映り込みなどが気になる人、また、指先の操作が命取りになるようなゲームをするような方にはおすすめできません。

しかし、主に映画や動画の閲覧などを主に考えている方は、iPad Air3のRetinaディスプレイの美しい画面を生かせるNimasoの保護フィルムをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました